toggle
2020-04-12

コロナウイルス危機時のセルフケア:アーユルヴェーダによる免疫力増進

インド政府伝統医学省(AYUSH省)が発表したアーユルヴェーダによる免疫力増進方法をshareします。

免責事項:下記のガイドラインは、コロナウイルスの治療法であることを主張するもではありません。ガイドラインで紹介している方法はアーユルヴェーダの文献や科学的文献でもその効果が証明されており、さらに国内の著名なアーユルヴェーダ医療施術者16名が推奨しています。特に呼吸器系を健康に保てるように構成されています。

一般的な対策

①一日を通して温かい水を飲みましょう。

②ヨガのアーサナ、ヨガの呼吸法、瞑想を毎日30分以上実践しましょう。

③料理にはターメリック、クミン、コリアンダー、にんにくなどのスパイスがおすすめです。

アーユルヴェーダの免疫力アップ対策

①朝、チャワンプラッシュ小匙1を服用しましょう。糖尿病の方は砂糖不使用のチャワンプラッシュを服用しましょう。

②1日に1~2回、トゥルシー、シナモン、黒胡椒、乾燥生姜、レーズンから作られたハーブティーを飲みましょう。好みにおいてジャガリー(粗糖)或いはレモン汁、またはその両方を加えてください。

③ゴールデンミルク:ホットミルク150ccに小匙1/2杯のターメリックを混ぜる。

簡単なアーユルヴェーダ治療法

①鼻への塗布:朝と夕方、ゴマ油、ココナッツオイル、ギーのいずれかを両鼻腔に塗布します。

②オイルプリング:口に小匙1~2のごま油或いはココナッツオイルを含みます。(飲まない)2~3分間口をクチュクチュと口内に行き渡らせて吐き出し、口をぬるま湯ですすぎます。1日1~2回行いましょう。

乾いた咳が出るとき、喉の痛みがあるとき

①生のミント葉あるいはアジョワンを使った蒸気吸入を1日1回行いましょう。

②喉や喉の炎症がある場合は、粗糖あるいは生はちみつと混ぜたクローブの粉末を1日2~3回服用しましょう。

③上記の対策は通常の乾いた咳や喉の痛みの一般的な治療法です。これらの症状が継続する場合は医師に相談することをおすすめします。

上記の対策は、個人の都合にあわせて可能な範囲で行いましょう。
イギリスのチャールズ皇太子もコロナウイルスに感染したのち、アーユルヴェーダの治療法とホメオパシーを活用したと発表されましたね。

まずは何より手洗いうがい、規則的な生活を心掛けて下さいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です