toggle

ハーバルボールとは?

ハーバルボールについて

ハーバルボールとは様々の種類のハーブを布で包んだもの。
ハーブボールの歴史は長く、古代インドやタイでの民間療法として利用されています。
元々はインドの伝承医学アーユルヴェーダの治療法であり、タイでは産後のケアや戦士の傷の修復に活用されました。
今ではエステなどに取り入れられ、自然療法の一つとしても注目を浴びています。

YOGALOKAHIオリジナル「薬草ボール」の特徴

・自家栽培の無農薬ハーブとタイ産オーガニックハーブ(プライ)を使用。
・希少価値の高い奈良県五條産の無農薬大和当帰の葉を使用。
・独自ブレンドでリフレッシュ&リラックスの爽やかなで落ち着いた香り。
・手のひらにフィットする柔らかさと大きさが安心感を与える。・温度の持続率も高いようにハーブを独自調合。

YOGALOKAHIのハーブボールは、薬発祥の地「奈良県産」の自家栽培ハーブや薬草を独自配合したオリジナルブレンドです。
ハーブボールに出逢い、その香りと温かい感触に心も体も癒され感動し、ハーブボールの魅力にハマりました。
幸運な事に祖父母の家には自生する薬草が沢山あったり、親兄弟が薬草や自然の野菜を自家栽培しているご縁が重なり、
ハーブの香りや品質にこだわったオリジナルハーブボールを作ることとなりました。
そう決めた途端、更にご縁が開け、自宅の庭の一部や友人の畑を借りてハーブ農園を2018年から始めました。

オーガニックというか、ほぼほっぽり放しのナチュラル育ちのハーブ達は、元気いっぱいで香りも良く伸び伸びと成長。
ハーブボールの効果を更に高めてくれます。そして完全ナチュラルなのでお肌にも安心してご利用頂けます。

ビワの葉、ドクダミ、カキの葉、ヨモギなど日本にも素晴らしい効能を持つ薬草が沢山あり、古来より使用されています。
特に婦人薬として使用され、血の道症などに効果があり、当帰芍薬散などの処方が有名な「大和当帰」
奈良県五條産の大和当帰は、品質が高くビタミンEの含有量が1位など女性の美容と健康効果に近年注目を浴びています。

その「大和当帰の葉」を配合したハーブボールはYOGALOKAHIのみの使用・販売となっています。

日本の薬草と東洋、西洋のハーブやスパイス等を季節に合わせて数十種類独自に配合し、
香り高いオリジナルハーブボール1つ1つ丁寧に手作りしています。

ハーブボールの中身

・ポンツク生姜(プライ)
・生姜
・海塩
・小豆
・白ごま
・レモングラス
・レモンヴァーベナ
・レモンマートル
・大和当帰葉
・どくだみ葉
・ビワの葉
・ローズマリー
・陳皮
・ほか季節の薬草

ハーバルボールヨガの効果

多くの生徒さんと触れ合う中、凝り固まった心と身体の状態からうまく呼吸ができない。
リラックスすることが難しい…という方を目にしてきました。
呼吸によって筋肉の緊張を解すはずのヨーガが、緊張が解れないままヨーガの練習をすることにより
逆に身体が痛くなったという経験を私自身もしています。
過度のストレスや、身体の癖によってはまず温めてゆったりと呼吸を優先する方が良い場合もあります。

ハーブボールを使ったヨガでは、まず緊張しやすい肩回りや首回りを温めたハーブボールによって解します。
ハーブの良い香りが相乗効果となり自然と呼吸も深まって筋肉の緊張緩和にも繋がりますし、嗅覚を伝わり脳神経にもリラックスを促します。
その後、簡単なヨーガの心地よい動きを、呼吸と連動させながら行うことにより身体を解し温めていきます。

最後にお腹にハーブボールをのせて、リラックスタイムを味わいましょう。
至福の時間をご自身の心と身体のケアの為にご活用ください。

 

ハーバルボールマッサージの効果

ハーブボールには、「温める 芳香、美肌、緊張緩和、便秘解消、内臓機能の促進…」など、
たくさんの効果 がありますが、最も高い効果としては「温灸効果」です。
「冷えは万病の元」 というように、腰痛・肩こり・頭痛・便秘・生理痛など様々な不調が
連鎖反応のように起こると言われています。

中医学の経絡(いわゆるツボ)や、アーユルヴェーダのマルマポイント(ツボ)を
ハーバルボールを使ってじんわり温めていきます。
滞っていた老廃物が流れだし、体の芯からじんわりと暖められる為、
まるで温泉に入ったかのようなポカポカが継続し、気持ちも身体もほっこりします。

女性は特に冷え性の方が多い為、積極的に、そして十分に温めてあげることが必要です。
ハーブの癒しの香りと温熱効果でココロもカラダもほぐれる癒しのトリートメントとなります。