toggle
2019-01-14

それぞれのヨーガの旅を楽しもう

2019年が始まりました。

ゆっくり過ごそうと決めていた年末年始でしたが、
宙ぶらりんになっていた祖父母宅の改装が急遽始動し、
慌ただしくお休みが過ぎていってしまいました。

年始初のクラスで、生徒さんとお話をしていた時に
いつも終わりのシャバアーサナの時にご紹介している
「こころのヨーガ」のお話になり、ある生徒さんがこんなお話をしてくださいました。

「昨年色々なことが生活の中に起きていたけれど、
先生が言う“自分を大切にするためのヨーガの時間”を持つことと
最後のこころのヨーガの言葉で私自身かなり救われました。」

「いつもその時の自分にとって必要な言葉を読んでくださっていて、
その声がまた優しくて癒される。」

「年末に自分のプレゼントとして、こころのヨーガも買いました。」

とのこと!!

しかも、不思議と「実は私も…」という方が複数いて、
更に年末に同じようなメッセージを下さった方もいて、
なんだか驚いたと同時に、とても嬉しくなりました。

そして、数年前のいつかの自分を思い出しました。


私のヨーガのクラス、どんな方に届けたいのか…
どんな方々に共感して頂きたいのか…
ふと振り返ってみました。

思い浮かぶのは過去の自分です。
本当に毎日疲れ切っていました。

毎日仕事(家事、育児)に慌ただしく、あっという間に一日が終わる。
自分を肯定することができず、もっと頑張らなきゃ、もっともっと。
弱みを人に見せることもできず、人に甘えることはできない。
周りには期待され、裏切ることもできないし、できるように見せる。
強がりだけど、これでいいのか不安がある。
見えない未来が不安で、このままで大丈夫なのか。
変わりたいけど、何を変えればいいのか。
周りの人が幸せそうに見えて、自分だけできていない気がしていて、なんだか寂しい。
ストレス解消法は、買い物や美容で自分を着飾ることばかり。
いつも心はからっぽで、結局何も埋まらない。
心の底から楽しいと思えることはさほどなく、日々が勝手にすぎていく。

 

上記がザっと上がってくる、昔の私。
今も完全に消えてはいないけど、少しずつ少しずつ
自分の内側にある“幸せ”に目を向けられるようになってきました。

いまこうして、私のレッスンに来て下さって
上記のような感想を届けてくれる皆さまも同じような悩みを
抱えていらっしゃったのではないかなと思います。

私が、何故今のクラスのように「呼吸」や「休むこと」を
大切にするクラスを届けているか今回お話したいと思います。

色々思い悩んでいた頃に、
ある先生のクラスに参加して涙が止まらなかったことがあります。

私の大好きな先生サントーシマ香先生です。

香先生のクラスに参加して初めて、心が解けるというか
お腹のそこからポカポカしたことを覚えています。

それ以前もヨーガの練習はしていたのですが、
それはとても肉体的な練習ばかりで、結果的に疲れることが多く
逆に体調不良を起こしてしまうこともしばしばありました。

それまでの私は、「休むこと知らず」でした。
休みとなれば、予定がないとソワソワする。スケジュールを無理に埋めようと出かける。
ジッとしていることが苦手で、さみしいと思われたくない、とか。

「手放す」こと、「休む」こと、「呼吸」って、
どうしたらいいのかわかりませんでした。

先生から度々、発せられる言葉
「自分を大切にしましょう。」「自分をもっと認めてあげましょう」「自分を否定しないで」
「ほんとに皆もうよく頑張ってるよ」「呼吸で自分を満たしましょう」
「お腹の温かさを感じてみましょう」「外側の幸せではなく、内なる知性、輝きに目を向けましょう」

ヨーガに触れて初めて、心がスっと軽く、静かに落ち着いたこと、
翌日までも幸せな気持ちで包まれたことを、今でも覚えています。

結局のところ、私の様々な不調の原因は精神的な疲労であり
心配し過ぎ、考えすぎ、人の目を気にしすぎるなど、
外界からの刺激に起因されるものが多く
自分の内側にある静けさや輝きに目を向けられないでいたことに
その時はじめて気づきました。

自然と涙が溢れて、自分に対して「ごめんね」と。
自分の事に気付いてあげられるのは、自分だけだから、
もっと大切にしよう!と思いました。

そこからヨーガのアーサナだけでなく、自分の内側をもっと知る手段として
アーユルヴェーダやヨーガ哲学を学ぶキッカケことになったのです。

学びを深めていく内に、精神的な不調が肉体的な不調に大きく関与していること。
現代人の生活習慣や、神経の過活動による不調が増えていること。
脳の過活動や脳疲弊が起こす、老年期への影響。
呼吸の重要性。
自然の摂理に基づいた生活が、心と体にもたらす栄養について。

いつか肉体は朽ち果てます。
なるべく綺麗な状態で神様にお返しできたらいいですよね。
車と同じように沢山走れば、老朽化も早まります。

良い燃料となる食事や心の栄養をとること、
走りすぎないことが、燃費もよく、状態もよいまま長持ちしていけるのは
想像しやすいですよね。

本当のヨーガとは、そういったことを教えてくれるものでもあります。

今やフィットネスやホットヨガを切欠として、ヨーガに触れる機会が増えました。
とても素晴らしいことです。入口は広い方がいいですものね。

そこから、どんなヨガの旅をするかは一人ひとり違います。
あくまで、ここに書いたのは私の体験なだけ。
皆が皆同じではないですが、自分の人生を豊かに彩ってくれるヨーガの旅を、
皆さんそれぞれが楽しんで頂けたらなと思います。

 

私の今年の大きな目標は
美しいもの、豊かなものに囲まれて
心と体のオージャス(精氣)を満たしサットヴァな状態でいること

そして温かなエネルギーで皆さんを照らすこと。

 

このブログを通じて皆さまにも何かヨーガの素晴らしさが
伝わる切欠になれば嬉しく思います。

 

今年もYOGALOKAHIで一緒にヨーガの練習を深めていきましょう。
どうぞよろしくお願い致します。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です